スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中庭園/角田光代

Category : -bOok/woRds-
空中庭園 本を読みました。

 どうも映画にもなっているようなので、
 公式サイトも載っけておきます。

 ■映画公式サイト
 http://kuutyuu.com/


なんら変哲のない日常というものが、ほつれ落ちていくのは突然ではなく、徐々になのかも。

→続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

海辺のカフカ(上)(下)/村上春樹

Category : -bOok/woRds-
kafuka
村上春樹さんの小説は、 『ノルウェイの森』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』くらいは読んでた、のかな。

と言っても、人から借りて読んだので かーなーり記憶にとどまっていないかも。

だって、『ねじまき鳥クロニクル』を
うずまき鳥クロニクル』だと、ついこの間まで思ってた。

ひーー ははは は ず か し ー ー!!
道路の端っこに埋めちゃってください………


ちょっと思い返してみると、村上作品を読んでいたのは、確か19歳~21歳頃だった。
その頃、わたしが小説に求めていたのは、逃避で。
どこまでも続く、現実のループをどうにか断ち切りたいと思ってた。

脳の中でぐるぐる考えていることが多くて、一歩も前に進んでいなかった頃に、彼の作品を読んで、ぐるぐるが更に勢いを増して、ぐるぐるぐるぐるになった覚えが。

で、「だめだ、酔う」と思って、それ以来読んでなかったんです。
が、この『海辺のカフカ』をおすすめされたので、意を決して(おおげさ)挑戦。

「猫がいっぱい出てくる」っていうから、読んでみました。

→続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン/リリー・フランキー

Category : -bOok/woRds-
tokyo




しまった。

これは入院中に読んじゃいかんかった。


真っ赤な顔して、ぐずぐずとティッシュ片手に読んでたら、ちょうど部屋に【退院のアンケート】を持ってきてくれた、担当看護師さんに「ど、どうしたんっ?!お腹いたいんかっ?!!」とヒドク心配されました。

ズ、ズビマゼン……ヂガヴンデズ。。

無事、全抜糸が終わったのに、危うく一日退院が遅れるところでしたYO…。

→続きを読む

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

風味絶佳/山田詠美

Category : -bOok/woRds-
ymd 高校生の頃に知った山田詠美さんという作家。

きっかけは高校で行っていた「学力診断テスト」のようなもの。
その国語の試験の際に、問題文として取り上げられていた。

作品は「蝶々の纏足」
試験そっちのけで、読み返していた記憶が、ほのかに。

大学で、「人間の身体表現について」の論文を書かなきゃいけなかったとき、何を考えたか彼女の作品にちらばっている、ありとあらゆる「身体表現」を抜き出して、論じてみたり。

教授は多分美術作品から、なんぞやを論じてほしかったんだろうなぁ、といまさら気づきつつ。
ちなみに、教授(♀)は彼女の作品は苦手だと思っていたけれど、読み返したそうで。

確かに、好みは分かれるのかも…?
でも、そんなのこの世にあるすべてのものに言えるから、あまり気にもせず。

そのときから、時間ができたときには読み返すのは彼女の作品で。

本屋にふらりと寄ったら、たまたま偶然新刊を発見。
なんてステキなタイミング。

ということで、読みました。

→続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

「チーズはどこへ消えた」

Category : -bOok/woRds-
cheese
あー、東京の部屋は狭い・・・。
あまりにも、狭いッ!
・・・ってか今のお部屋がってお話なんでしょうが・・・。
手ぇひろげたら、テーブルの上のペットボトルが落ちた。

そうそう、ちょっと前に、「チーズはどこへ消えた」(行った、だっけ?)を読んだんですよー。

なんだか、おもしろかったです。

→続きを読む

フローリングの跡がびっちしついちゃったりします。

Category : -bOok/woRds-
タオルケットぐるぐる巻で倒れる如き爆睡。
化粧を落とすのも着替えるのも面倒になって自分を甘やかし
寝返りをうつのも記憶から消去して
ただただフローリングに頬ずり。

→続きを読む

せんちめんたる?

Category : -bOok/woRds-
夕立みたいなのがあった。
地面が液体を吸収しひんやりしていて気持ちよかった。
夕焼けが綺麗だった。
シャボン玉がとんでった。
みんなが赤く染まっていった。
むかしをおもいだした。
綺麗だった。

これぞ青春、なのではないかと思った。

ちょっと、はみ出し気味では、あるけどな。
Twitter*

News*
Myblog*

booK*
caTegory*
ploFile*

聖

Author:聖
::: Love :::
猫/美術/歌
影響を与えあえる人
::: Web Sites :::
macskaweb【マチュカウェブ】
the Fruit of Air


::: 最近こんな風 :::



猫になりたい

coMment*
etc*


RSS*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。