スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅は道づれ・前編

Category : -tRip/forEign-
わぁ、すっごい今更だけど、誕生日のときシェアメイトからいただいた
「振りもしないのにポンっと飛び出てシュワー!で、びしょびしょー」だった、
シャンパンの写真が出てきたので掲載。

PICT0001.jpg
↑これが飛び出したシャンパン

彼女は、犬用のクッキーをわたしにチョイスしてくれそうになった人です。
お菓子屋さんに、人用チョコの隣らへんにあったから、ふつーに買いそうになったらしく。


いや、
まぁ、
間違えるのはわかる、わかるけど、けどさ・・・・・・・・・・・・・・。

と、笑い話が増えました。万歳。


でもって、1週間のお休みがあったので、行ってきました、旅。
TorontoBostonNew YorkPhiladelphiaWashingtonD.C

まわったねー。
すごーー。

なわけで、今回は旅話と写真です。
 
 
■VancouverからToronto
飛行機に乗っかって、ぴゅーんとひとっとび。
おんなじカナダ国内でも、時差がある(3時間)ってことで、
広さ実感です。


それよりも、今ほんとに厳しいんですねー、手荷物の液体関係。
国内線でも、リップバーム1つで×でした。

おかげで、かなりレア体験しました。
でも、ちょっと内容はここに書けない恥ずかしさです。
ネタはシモです、毎度スミマセン・・・。

今なら大笑いできるけどなー。

知りたい方は、こっそり連絡でも下さい。
ひっそりお伝えします。


わたくし、飛行機ラブなので窓側チョイスで、空を満喫。
海でなくて、大地の上を飛ぶので、いつもの風景と違っていて感激。

川とかね、ラインで見えるのですよ。

地元の琵琶湖もでっかいけど、もっとでっかい湖の上も進んで、いざ到着トロント。


すんなりと友人とも会え(到着ゲートでたら目の前にいてびびった)
おじゃましまーす、と友人のおうちへ。

いやー、ほんとお世話になりました。

この1週間、料理したのなんて1回だけで、あとは全て友人の料理食べてただけでした。
わー、やくたたずー自分。
いえーい。

PICT0699.jpg PICT0696.jpg
   ↑ボリュームありな夕食! 80度のアルコール↑

この日の夕食は、ラザニアとサラダ、
赤ワインと、えっらいアルコール度数の高いお酒もふるまってもらい(かなりの衝撃)
うまうまーと、平らげ、次の日のナイアガラツアーに備え就寝。

ぐー。


■Niagara
めっちゃお得なツアー(C$5!!破格っす)で、行ってきましたナイアガラの滝

USAとの国境にあるので、アメリカ側からとカナダ側から見れるってことらしく。
でもって今回は、カナダ側から見ました。

PICT0747.jpg
↑国境付近なので両国の国旗が

そして、ちゃんと乗ってきました「霧の乙女号」

ってかね、乙女とかいって
嵐の中に突っ込む感じですよ、ヤツ。
ちょー男らしいです、ハイ。

PICT0738.jpg PICT0742.jpg
 ↑滝はふたつあるのです 反射の加減で虹出現↑

滝の水しぶきと太陽の反射で、虹が見えるんっすね。
ごうごうの風と、雨の中(雨なのか滝なのかビミョーだけど)で見る虹は、けっこーな感激で。


PICT0744.jpg
↑こっちにも虹

わけもわからず、途中からウヒャウヒャ大笑いしてましたが。
↑ランナーズハイ?

あー、おもしろかった。

PICT0748.jpg
↑落ちる水のそばまで寄ってみる

で、冬になると滝が凍るんだそうで。
でも、この量の水が凍るって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一体どんな寒さなんだ。

想像できないっす。


Boston
ナイアガラの滝に行った、次の日には、朝イチでツアーのバスに乗り込んで、
いざ国境越え。

なんか、バスの中でガイドさんに、USAに持ち込めないものについて話をされて、
一緒にいた友人が焦りだす。
それにつられて、自分もなんだか焦りだす。
↑相乗効果?

果物以外はなんなく通過でき、まぁ、結構あっさり、初の地上国境越え。
たしか、指紋と写真は、飛行機でもとられるよね?USAの場合って。
↑これは自分的にも、やっぱり怖かったかも

PICT0004.jpg
↑スノコって読むの?なガススタンド

で、ずーーーっとずーーーーーーーーーーーっと、バスは走りまして。
窓の外は、カントリーなうっすら紅葉風景が続きつつ。

いい時季に、いい場所にきたなぁーという感じで、
ちょっとUSAのイメージが変わりました。


日が沈みそうな頃、
ボストンに到着!


わたしの記憶が、間違えてなければ(かなりあやふや)
多分ハーバード・・・だと思われる大学のキャンバスに入って、中を見学。

PICT0052.jpg  PICT0016.jpg
 ↑創立者さん?? 大学のキャンバス↑

夕暮れってことも相まってか、かなりきれいで、
いい雰囲気でした。


大学の周りの町並みも、石畳のところもあったりして、
ちょっとヨーロッパな雰囲気。

PICT0022.jpg
↑電気切れて文字が見えないけども、いい雰囲気

ちいさい路地とか、入ってみたかったけど、
時間の関係で、無理だったので断念。

けど、かなりかなり素敵な街でした。

PICT0018.jpg PICT0026.jpg
 ↑白いとんがり屋根 入りたい感じの路地↑

もしもそちら方面に行かれる方がいたら、
ふらりと立ち寄って、本屋に入ってみるとかだけでも、
楽しいんじゃないかなぁ、と思います。


ってか、なっがーーーー!!文章。
きっと後編も長い気が。

お時間がある方は、お付き合いいただけるとうれしいです。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

Twitter*

News*
Myblog*

booK*
caTegory*
ploFile*

聖

Author:聖
::: Love :::
猫/美術/歌
影響を与えあえる人
::: Web Sites :::
macskaweb【マチュカウェブ】
the Fruit of Air


::: 最近こんな風 :::



猫になりたい

coMment*
etc*


RSS*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。